保健室から


服薬依頼書について


 学校生活で服薬が必要なお子さんについては,保護者から依頼を受けて,本校職員が薬の管理及び指導を行うことができます。その際,安全な服薬と健康管理のために,「服薬依頼書」を提出していただきます。

 服薬を依頼する場合は,下記の点にご注意いただき,担任まで用紙を提出してください。
※用紙は,ダウンロードしていただくか,保健室にも用意していますので担任にお話しください。


1週間未満の服薬を依頼する場合

  • 【依頼方法】
    • 連絡帳また「服薬依頼書(短期服用の場合)」を通して担任に依頼してください。
      • (「服薬依頼書(短期服用の場合)」を連絡帳に貼などしてご活用ください。)
    • 薬局で渡される「薬剤情報提供書」または「お薬手帳」等,薬の内容について詳しく書かれた物を提出してください。(コピーをしてお返しします。)
  • 原則として医師の処方を受けた薬をお預かりします。
  • 原則として日中の服薬が必要な場合が対象となります。
  • 薬は1回分ずつ持たせてください。(大袋や大瓶でまとめてお預かりすることはできません。ただし,目薬や塗り薬など,分包できない場合はそのままお預かりします。)


1週間以上続く服薬を依頼する場合

  • 【提出物】
    • 「服薬依頼書(長期服用の場合)」
    • 「薬剤情報提供書」または「お薬手帳」等,薬の内容について詳しく書かれた物(コピーをしてお返しします。)
  • 原則として医師の処方を受けた薬をお預かりします。
  • 原則として日中の服薬が必要な場合が対象となります。
  • 薬は1回分ずつ持たせてください。(大袋や大瓶でまとめてお預かりすることはできません。ただし,目薬や塗り薬など,分包できない場合はそのままお預かりします。)
  • 年度途中で薬の量や内容に変更があった場合は,その都度お知らせください。その際,「薬剤情報提供書」または「お薬手帳」等,薬の内容について詳しく書かれた物を提出してください。


宿泊を伴う行事の際に服薬を依頼する場合

  • 【提出物】
    • 「服薬依頼書(宿泊を伴う行事の場合)」(学校からお渡しします。)
    • 「薬剤情報提供書」または「お薬手帳」等,薬の内容について詳しく書かれた物(コピーをしてお返しします。)
  • 原則として医師の処方を受けた薬をお預かりします。
  • 1回分ずつまとめて持たせてください。(大袋や大瓶でまとめてお預かりすることはできません。ただし,目薬や塗り薬など,分包できない場合はそのままお預かりします。)
  • 宿泊を伴う行事の場合,必ず予備の薬を用意してください。
  • 「服薬依頼書(宿泊を伴う行事の場合)」は行事の1週間前までに,薬は3日前までに持参してください。

【薬の準備について】

 ○粉薬,錠剤,カプセルについて

  •   1回分ずつまとめ,氏名,服用する日時を記入してください。
  • 水に濡れたりしないよう,ビニール袋等に入れてください。


○水薬について
  できるだけ1回分ずつ小さい容器に分けてください。やむを得ない場合は,容器に必ず予備分を含めて入れてください。あわせてメジャーカップの用意もお願いします。
  容器にも,服用する日時,氏名を記入してください。こぼれないようふたをきちんと閉め,ビニール袋等に入れてください。




緊急時の服薬を依頼する場合

災害時の緊急時に学校待機となった場合を想定してお預かりするお薬です。

  • 【提出物】
    • 「服薬依頼書(長期服用の場合)」
    • 「薬剤情報提供書」または「お薬手帳」等,薬の内容について詳しく書かれた物(コピーをしてお返しします。)
  • 原則として医師の処方を受けた薬をお預かりします。
  • 1回分ずつまとめて持たせてください。(大袋や大瓶でまとめてお預かりすることはできません。ただし,目薬や塗り薬など,分包できない場合はそのままお預かりします。)
  • 薬は通学カバン等に入れて,毎日携帯します(学校に置いたままにはしません)。
  • 水薬の場合は,保冷剤を一緒に入れるなどして,薬の管理には注意してください。

※何か不明な点がありましたら,保健室までお尋ねください。


 

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

住所

〒311-4206
茨城県水戸市飯富町3436番地20
TEL 029-229-7453
FAX 029-229-8354
 
 
 
 


 
訪問者65164
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立水戸飯富特別支援学校